主なカテゴリ
  • ビジョン
  • 会社情報
  • 株主・投資家情報
  • CSR情報
  • コーポレートガバナンス情報
  • 日比谷の技術
  • リクルート

お客様に満足いただけるBASシステム構築に向けて

エシェロン・ジャパン(株)とネットワークインテグレータ契約締結

日比谷総合設備株式会社は、米国エシェロン社が開発したネットワークプロトコル(通信規約)「LonTalk」を使用したBAS(ビル管理システム)構築即ちシステムインテグレーション業務を展開するためのNI(ネットワークインテグレータ)契約を平成13年2月26日、エシェロン・ジャパン株式会社と締結しました。

LonTalkは公開されたプロトコルであり、これを用いることにより、異なった設備機器メーカー間の管制ネットワークの設計が可能です。これにより、新設時、運用時、更新時のコスト低減をよりリーズナブルに実現できるシステムの構築ができるようになりました。

(LonTalkに対応した装置は「LonWorks」と総称される。)

そのシステム構築を担うのが「システムインテグレータ」であり、特に計装、情報ネットワーク処理技術に関するスキルが要求されますが、当社ではこれまで「広域ビル管理システム工事」(遠隔監視の入退室管理、防犯防火、異常水位監視等)で協力会社を含めた技術体制を構築し、システム運用開始後のサポート体制も整備してきた実績があります。

今回のNI契約を機に、今後は顧客に対してリーズナブルにオープンネットワークを提供し、お客様に満足いただけるビルディングオートメーションシステム及びファシリティマネジメントシステムを提供してまいります。

ページの先頭へ