主なカテゴリ
  • ビジョン
  • 会社情報
  • 株主・投資家情報
  • CSR情報
  • コーポレートガバナンス情報
  • 日比谷の技術
  • リクルート

第9回 環境・省エネルギー建築賞を受賞

〜NTT武蔵野研究開発センタ本館他3件

第9回環境・省エネルギー建築賞(主催:財団法人 建築環境・省エネルギー機構、後援:国土交通省)の入賞建築物が発表され、当社が施工した「NTT武蔵野研究開発センタ本館」(空調設備JV代表)が建築環境・省エネルギー機構理事長賞を受賞しました。

同賞は2年に一回授与される賞で、環境負荷低減、省エネルギーに優れた性能を持つ建築物が選考されます。今回は国土交通大臣賞3点、同財団理事長賞6点、審査委員会奨励賞8点の合わせて17点が入賞しました。

受賞となったNTT武蔵野研究開発センタ本館は東京都武蔵野市にあるS及びSRC造地下2階地上12階建て延べ7万2561平方の研究施設で、ガスエンジン・コージェネレーションシステム・燃料電池・太陽光発電システム・氷蓄熱システム等のクリーンエネルギーを利用し、電力負荷の平準化を図るとともに、ダブルスキンシステム・クールチューブ等の自然エネルギーの利用により環境負荷の低減を図っています。

また、当社施工の物件として「NEC玉川ルネッサンスシティ(Ⅰ)」(国土交通大臣賞:空調設備工事施工)、「国土環境本社ビル」(理事長賞:空調・衛生工事施工)、「キッコーマン野田本社」(奨励賞:空調工事施工)もそれぞれ受賞しました。

イメージ2

ページの先頭へ