主なカテゴリ
  • ビジョン
  • 会社情報
  • 株主・投資家情報
  • CSR情報
  • コーポレートガバナンス情報
  • 日比谷の技術
  • リクルート

澤田 ゆかり

image

現場で学ぶことは
これからのキャリアで活きてくる
後輩にしっかりつないでいく為に
先輩として取り組むこと

 

澤田 ゆかり

2008年4月入社
東京本店 都市設備本部
第2エンジニアリングサービス部

コミュニケーションと段取りを大切に、自分の経験を磨いていく

 

image

都市第2ES部へ配属となり、民間・官庁案件の現場で新築・改修工事の現場代理人として勤務しています。現在は子会社のHITエンジニアリングの現場で改修工事に携わっています。

現場で大切にしている事は、職人さんや下請さんとのコミュニケーションと、工事を滞りなく進めていく為の段取り。時には力仕事も必要になることもあります。

研修を経て4年後には一人で現場を管理する代理人となりました。初めて一人で現場をまわすのは難しかったですが、それまでに先輩から教えてもらったコミュニケーションや段取りなど、経験をフル活用して無事に現場を収めたときはほっとしたのを覚えています。分からない事や助けが必要なときは当時の課長に助けてもらいました。忙しくても部下の現場で何が起きているかを把握し、何かあったら現場に駆けつけるフットワークの軽さと知識に助けてもらいました。

これから自分のキャリアを積んで行きますが、後輩を助けられる先輩になって行きたいと思います。

尊敬する先輩からつないでいくということ

 

現場代理人としての9年間、やっぱり先輩はすごいなとしみじみ思います。客先対応や職人さへの指示、一日の作業の段取りなど、テキパキとこなしていく姿を毎日見ました。一人で現場をやっていると、それが本当にすごいことだと実感します。

仕事なので辛いこともあるし、解決すべき問題も出てきます。そのたびに段取りよく周りを動かして解決していく術は現場の先輩から学びました。これからどこの部署に行ったとしても、その経験は活かされると思います。後輩が出来たらそういったことも教えてあげたい。まだ直接の女性の後輩はいないけど、今後女性社員も増えてくると思う。できたらこうしたいと思うことも準備の一つだと思うし、後輩が出来たときにあわてないように。

今まで先輩がしてくれたことを後輩につないでいくことで、女性がもっと働きやすくなっていけばと思います。女性の働き方改革ワーキングでも話をしてみたい。そうやって輪が広がっていけば、これから入ってくる女性にもいい準備が出来るかと思います。

スキルアップと働き方改革へ

 

image

自分のスキルを磨いていく為の研修も充実していると思います。現場で働くための資格、1級施工管理技士も取得しました。そうやって自分の力をつけていくことが出来るのも、この会社の良いところです。 資格を持つことで自信にもつながっていく。自信を持って指示できれば、受ける側の印象も違うものになってくる。現場では言い切ることも大切。こちらが迷った指示を出しても職人さんは困りますからね。

働き方改革への取り組みも進んでいます。リフレッシュ休暇の取得も積極的。入社当初は先輩が休んでいるところをあまり見なかった気がしますが、この制度が出来て活用することで、家族との時間が増えたり、しっかり休んでON・OFFの切替えがしやすくなったと思います。

社員一人一人に配慮してくれるこの会社でしっかりキャリアを積んで、知識を持ってどんどんスキルアップしていきたいと思います。

ページの先頭へ