主なカテゴリ
  • ビジョン
  • 会社情報
  • 株主・投資家情報
  • CSR情報
  • コーポレートガバナンス情報
  • 日比谷の技術
  • リクルート

原 文香

image

『現場とのつながりを大切に
これからも働きやすい環境づくりを』

原 文香

2009年入社
芸術工学部 建築・環境デザイン学科
エンジニアリングサービス統括本部 管理部

施工担当者の業務負荷軽減に貢献する

image

3Dスキャナーを活用した自社のオリジナルシステムで現況図を作成しています。現場に行ってスキャナーで撮影し、そのデータを持ち帰って専用のソフトで3D現況図を起こします。
当初はあまり知られていなかったのですが、今では多くの現場から作成の依頼があり、現在3名のチームでは対応しきれないほどです。特に一度使った人に「助かった」「他の現場でまた使いたい」と言ってもらえるとうれしいですね。役に立てた、喜んでもらえたのだと実感します。
入社後は工事部に配属されたので、現場の仕事も経験しました。自社の核である工事の現場が見られたことはよかったです。どの部署にいても、どこかで現場との結びつきを感じていられるのが当社のいいところかもしれません。同時に、とにかくみんな面倒見がいいことも特徴だと思います。入社して最初に仕事を教わった上司は、今でも「頑張っているか」「資格試験を受けてはどうか」などと声をかけてくれます。そんな方々に囲まれているので、私も後輩に気を配れる先輩でありたいと思います。そうやって築き上げてきたものが下へ引継がれ、会社の話しやすい風土を作り上げているんだと感じます。

出来ることをしっかり、そうすればやりたいことが見えてくる

image

どの部署にいても良いものを作りたいと思います。自分が何をやりたいのかを考えることも大切だと思いますが、まずは今、自分に何が出来るのかを理解し、要求されていることに答えを出すことが大切だと考えるようになりました。
そうやって出来ることをしっかりこなし、応えることを一生懸命やっていれば、思いがけないところで興味があること、自分の新たな可能性を発見できるのだと思います。
どの部署にいようと、どんな立場であろうと、より良いものを目指して頑張りたい。期待される以上に人に業務に貢献したい。そんなふうに思っています。

就職活動をしている皆様へ

私自身、当時はどの業界に行こうか悩んでいました。当社へ入社を決めたのは、採用担当の方の感じの良さ、人材育成への取組みに惹かれたから。実際に入ってみないと分からないことも多くありますが、‘縁’をいただいた会社へ飛び込んでチャレンジすることも大切です。悩んで動けなくならないように。「こだわりを持ってやりたいこと」も大切ですが、仕事をしていく内にそれが見えてくることがあるのも事実です。何事も無駄になることは無いと思うので、どんどん動きまわることをお勧めします。

ページの先頭へ