主なカテゴリ
  • ビジョン
  • 会社情報
  • 株主・投資家情報
  • CSR情報
  • コーポレートガバナンス情報
  • 日比谷の技術
  • リクルート

久 保 田 真 由

image

『 スペシャリストをまとめながら
ものづくりを完成に導く仕事です。 』

久 保 田 真 由

2005年入社
調達戦略本部 購買部 主任

現在の仕事内容

image

空調衛生工事の現場代理人として、現場のマネジメントをしています。設計図をもとにした施工図の作成、機器などの発注業務、工程管理、職人さんの手配、品質管理や原価管理、それに事故が起きないための安全管理などを手がけています。総合力が問われる難しさがありますが、その分、ものづくりの楽しさを存分に味わえる仕事です。

今の仕事のやりがい

最初は信頼してもらえなかった職人さんから、工事が完了したときに「また一緒に仕事をしよう」と言ってもらえたときは本当に嬉しいですね。仕事だから辛いこともありますが、その中で投げ出さず、社員や協力業者さんと一丸となって苦労が報われる瞬間であり、認めてもらえた喜びを実感できます。

この会社に決めた理由

大学では人にとって安全かつ快適な室内環境や都市環境を実現するための工学を学んでいました。その知識を活かすことが出来る場として、大学の先生に紹介されたのが日比谷総合設備でした。専門知識は入社後に学んだ部分が多いですが、在学中に学会に参加したり、他大学の方と接点を持ってきた経験が活きていると感じます。

仕事を通じて得たこと

人を思いやることです。とても大きなものをつくりあげる仕事ですから、とうぜん一人の力で成し遂げることは出来ません。専門知識やスキルを持つ方々の力を借りて完成させる中で、相手を尊重し、思いやることの大切さを実感するようになりました。

今後の目標

一人前の現場代理人になることですね。いまはまだ上司や先輩方に支えられている状態なので、自分が逆に後輩たちを支えてあげられる先輩になりたいと思っています。そう考えたとき未熟な部分がたくさんあるので、もっと腕を磨きます。

ページの先頭へ