主なカテゴリ
  • ビジョン
  • 会社情報
  • 株主・投資家情報
  • CSR情報
  • コーポレートガバナンス情報
  • 日比谷の技術
  • リクルート

調査・診断

専門技術者による設備機器調査や設備システム調査を実施し、問題点・不具合点を明確にします。 調査結果を基に省エネ・経済性(LCC評価、LCCO2評価等)・快適性(POE)・信頼性(劣化診断)の方面から設備診断を行います。

診断・予測評価技術

>建築設備診断システム
建物設備の現状の調査診断を行います。
>室内環境評価(POE)
物理面・心理面の両面から環境評価を行います。
>省エネ診断システム
エネルギ-消費量の把握、分析をするシステムです。
>LCCO2評価システム
建物生涯で発生するCO2を計算し評価します。
>LCC、LCRC評価システム
LCC(Life Cycle Cost)、LCRC(生涯修繕費用)の評価システムです。
>性能評価(コミッショニング)
当初の計画通りに設計・施工されているかを評価します。
>熱流体シミュレーション
完成後の室内環境を予測します。
>3Dスキャンシステム
現地調査の省力化を実現。

ページの先頭へ