主なカテゴリ
  • ビジョン
  • 会社情報
  • 株主・投資家情報
  • CSR情報
  • コーポレートガバナンス情報
  • 日比谷の技術
  • リクルート

省エネマスターとは

日比谷総合設備の社内資格
「省エネマスター認定制度」

公的資格では、評価することができない実務的な専門技術(省エネルギー診断力、報告書作成力、お客様への提案力)を評価する当社独自の指標であり、3段階の等級がある。

参考:省エネマスター資格基準 (3段階の等級を設定)

資格等級 定義
★★★トリプルスター 【技術系】
現場の状況を的確に捉え、省エネに関して顧客に付加価値を提供できる。プロジェクトチーフとしての実務経験が10件以上の省エネ提案又は、省エネ診断の実績があり、うち2件以上は生産施設を含む。
【営業系】
お客様の課題を的確に捉え、省エネに関しての提案、プレゼンまでの一連の業務をSEを活用し顧客に付加価値を提供することができる。提案営業による受注実績で継続的に優秀な結果を収めている。
★★☆ダブルスター 【技術系】
省エネ提案に関する一連の業務を完遂することができる。プロジェクトチーフとしての実務経験が5件以上の省エネ提案又は省エネ診断の実績があり、うち1件以上は生産施設を含む。
【営業系】
お客様窓口として、ヒアリングから省エネ提案、プレゼンまでの一連の業務をSEを活用し遂行することができる。提案営業による受注実績で継続的に優秀な結果を収めている。
★☆☆シングルスター 【技術系】
上級者の指導の下、省エネ提案に関する一連の業務を完遂することができる。上級者の指導の下5件以上の省エネ提案、省エネ診断の実績がある。
【営業系】
上長の指導のもと、お客様に対して、ヒアリングから省エネ提案、プレゼンまでの一連の業務をSEを活用し遂行することができる。
基礎研修段階 省エネに関する基礎知識を修得している。

ページの先頭へ