主なカテゴリ
  • ビジョン
  • 会社情報
  • 株主・投資家情報
  • CSR情報
  • コーポレートガバナンス情報
  • 日比谷の技術
  • リクルート

CSR活動実績 2017年度

 2016年度のCSR活動実績はこちら
 2015年度のCSR活動実績はこちら
 2014年度のCSR活動実績はこちら
 2013年度のCSR活動実績はこちら
 2012年度のCSR活動実績はこちら
 2011年度のCSR活動実績はこちら

2017年5月 九州支店(ラブアース・クリーンアップ2017 (志賀島海水浴場 清掃ボランティア) ごみゼロ・クリーンウォーク)

朝から夏を思わせるような暑い日差しの中、NTTグループが主催する「ラブアース・クリーンアップ2017」のボランティア活動に約600名の人が志賀島海水浴場へ集まり、みんなで一斉にゴミ拾いを行いました。
今回は事前に会社の「のぼり旗」を用意し、例年以上に気合いを入れてこのボランティアに臨みました。ゴミ拾いの作業は、ほんの1時間程度でしたが、大勢の人達が一斉に行ったため、作業が終わった後の砂浜は、見違えるほど綺麗になっていました。作業終了の合図の後は、皆、汗を掻きながら、清々しい表情で今回用意した「のぼり旗」の元へ戻ってきました。
次回は、日比谷グループの社員も家族連れで気軽に参加できるように、色々なイベントと組み合わせてこのボランティアへの参加を呼び掛けてみたいと思います。

 

2017年6月 中国支店(ごみゼロ・クリーンウォーク)

広島市主催「ごみゼロ・クリーンウォーク」が、「環境の日」の6月4日に開催され、梅雨に入っているにもかかわらずとても良い天気でした。
市内11ヶ所に10時15分に集合し、基本の20コースに分かれて市内のゴミを拾いながら、ゴミ回収車が待つ旧広島市民球場跡地に集まります。
中国支店の参加は今年で連続11回目になりますので、オリジナルのコースでゴミ拾いをしました。昨年度から散乱ゴミの回収に加え、美観を損ねている植栽枡等の雑草駆除も実施されています。
通常では拾いにくい散乱ゴミも、皆で協力して気持ち良く清掃することは、心も町もスッキリします。
今後も、一人でも多くのゴミ拾い体験者を増やし自主的な清掃活動の定着を図りたいと思います。

 

2017年11月 関西支店(大阪マラソン2017“クリーンUP”作戦)

大阪マラソンの前に実施するクリーンUP作戦に関西支店社員30名が参加しました。
 「大阪マラソン2017“クリーンUP”作戦」はマラソン開催前7日間に大阪市民・事業者が大阪市全域で清掃活動を行う活動です。11月21日に堺筋を会社前から長堀橋までの間の清掃活動を行いました。
当日は天候に恵まれ、秋晴れの中、社員一人一人がトングを手にゴミ拾いを行いました。今回の活動を通して堺筋がきれいになり、来阪されるマラソン関係者に「きれいなまち」という印象を持っていただければと思います。関西支店では来年以降もこの活動を続けていきます。

 

2017年11月 中国支店(広島県管工事業協会主催の地域清掃(地域貢献活動))

広島市役所周辺の環境美化活動としての清掃として、市民生活に関わる管工事業の技術・技能の向上を図ることにより間接的な社会貢献を行なってきているところですが、今回は直接的に地域社会へ役立つことを目的にした地域清掃企画です。
幟町公園付近で繁華街にも近いエリアですが、小学校や大学キャンパスもあり、閑静な趣もある地域です。今にも降り出しそうな曇り空でしたが、傘を使用することなく楽しんで清掃活動に参加することができました。

2017年11月 九州支店(福岡マラソン2017 ボランティア活動)

今回で第4回目となる福岡マラソン2017が晴天の中で開催されました。参加ランナーは、約14,000人。一木支店長を含めた4名でボランティアに参加しました。今回のボランティアの担当は、スタート付近で走行タイム毎に分けられた集合エリアを表示するプラカード持ちです。朝6:00に集合し、太陽が昇り始める前から各エリアに分かれて準備しました。私が担当したエリアはA~Kまでのうち、一番早いタイムの人達が集まるAエリアです。このエリアに集まったのは約100人。大会で優勝を狙う人達ばかりです。名前や顔を見ても私が分かるような人はいませんでしたが、どのランナーも真剣な表情で、いかにも足の速そうなアスリートばかりでした。これまでにも何度もマラソンのボランティアには参加してきましたが、今回はスタート直前のトップランナーを間近に見ることが出来て、いつもとは違った楽しさを感じることが出来ました。来年の福岡マラソンは、ボランティアではなく、ランナーとして参加してみようかな・・・。

get adobe reader PDFファイルをご覧頂く為には「Adobe Reader」が必要です。
無償配布の「Adobe Reader」をダウンロードしてください。

ページの先頭へ