主なカテゴリ
  • ビジョン
  • 会社情報
  • 株主・投資家情報
  • CSR情報
  • コーポレートガバナンス情報
  • 日比谷の技術
  • リクルート
IR情報

ディスクロージャーポリシー

日比谷総合設備は、以下の基本方針に基づいて、株主・投資家の皆さまとの信頼関係を深めるため、IR活動を積極的に推進しています。

1. 開示情報

当社は、金融商品取引法及び東京証券取引所の定める適時開示規則に従った、情報開示を適時・適切に実施するとともに、適時開示規則によらない情報であっても、株主・投資家の皆さまにとって開示が有効と思われる情報に関しては積極的に開示いたします。

2. 開示方法

重要事実に関する情報開示は、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)で公開し、当社のホームページにも同時に掲載します。また、適時開示規則によらない情報も自社ホームページなどで速やかに開示いたします。

3. 将来の見通しについて

当社のIR関連資料には将来の見通しについて、発表日現在において入手可能な情報に基づいて記載しておりますが、様々な要因によってそれらの見通しと異なる可能性があります。

4. 沈黙期間

決算関連情報の漏洩防止のため、中間期・通期決算につきましては決算期末日から決算発表日まで、第1・第3四半期決算につきましては決算発表前の2週間をIR活動沈黙期間とし、この期間については決算に関するコメントや質問への回答を控えさせていただきます。ただし、沈黙期間中に業績予想が大きく乖離する可能性が出てきた場合には適時情報開示いたします。

5. 情報開示に対するフロー図

pagetop