主なカテゴリ
  • ビジョン
  • 会社情報
  • 株主・投資家情報
  • CSR情報
  • コーポレートガバナンス情報
  • 日比谷の技術
  • リクルート

活躍する女性管理職

image

研修体制の充実や多様な働き方の
採用がどんどん進んでいる
女性の活躍が期待されている
ことを実感しています

 

齋藤 真由

2005年入社
東京本店調達戦略本部 購買部

モチベーションを引き出してくれる上司の支えでキャリアアップに踏み出す

 

image

入社直後の研修で現場での仕事に興味を感じ、念願の工事部に配属され、現場監督として約10年。図面が形になっていく感動、職人さんと一緒に創り上げていくやりがいに包まれ、多忙で大変ながらも常に仕事が楽しくなるように努めてきました。東日本大震災後、工事が多く人手が足りない東北で3年間、現場監督を務め、その後東京に戻って購買部に配属。同時に管理職につきました。

現在は受注した工事に関して、社内で計画した予算をもとに、業者や代理店と金額交渉及び選定をし、工事原価の管理業務を中心に工事がスムーズに進むようサポートしています。

工事部ではひとつの現場を一貫して見る仕事でしたが、今の購買部では当社が受注した膨大な案件を並行して進めていくため、頭の切り替えと少ない情報で多くを読み取る経験が必要となります。図面や見積書等の書面から現場の作業工程を想定して協力業者と金額交渉をすることで、現場経験を活かすことができ、間接的に現場や協力業者をサポートするというやりがいを感じています。

管理職に就くにあたっては、やはり不安もありました。けれど上司の叱咤激励もあり、せっかく指名をいただいたのだから、できる限りのことをしてみようと決意。自身の仕事に集中していたプレーヤーとしての自分の意識をマネージャーへと切り替えていく必要がありましたが、上司や先輩方の経験をもとにしたアドバイスなどに囲まれ、少しずつですがリーダーシップがとれるようになってきているかと思います。

リーダーとして自分で判断し、決断するのは勇気がいることです。けれど、そういう場が与えられたということは、会社が私にそれができると期待してくれたこと。工事部で現場監督として最終判断を委ねられていた経験も活かし、常にチームとしてプロジェクトが円滑に進むよう適切な対応ができるリーダーを目指しています。

キャリアもやりがいも自ら動いて生み出し、積み重ねていくもの

 

image

一般的に男性社会のイメージが強い業界ですが、当社は女性社員の採用にも積極的で、内勤だけでなく現場で活躍する女性も増えてきています。多くの企業に存在した「女性は主任どまり」のような暗黙の了解は過去のもの。キャリアップ研修や働き方改革の委員会には男女関わらず声がかかります。女性の環境を考慮した、女性向けキャリアアップ講習も用意されています。今後、女性の管理職も増えていくでしょう。

私も女性のキャリアアップの道を拡げる役割を担えるよう、自分にできること、期待される以上のことを一歩一歩成し遂げていきたいと思います。後輩の女性たちにとって「自分も頑張ればあんなふうになれる。なりたい」という見本でありたいですね。

職場では課長ですが、業務を離れればみんな一緒。上司、部下関係なく飲みに行ったり、ひとつの目標を向かうチームとして自由に議論したりできる関係です。仕事にはうまくいかないこと、大変なことはつきものです。だからこそ、やり遂げたときの達成感は大きい。「仕事が楽しそうだね」と言われる私ですが、その通りです。自分から仕事を楽しみ、精いっぱい取り組み、その先にある喜びを分かち合う。それができる環境、仲間に恵まれていることを感じます。

ページの先頭へ