主なカテゴリ
  • ビジョン
  • 会社情報
  • 株主・投資家情報
  • CSR情報
  • コーポレートガバナンス情報
  • 日比谷の技術
  • リクルート

藤木 晃史

image

『社員みんなが働きやすい環境を作り出す
多様な働き方実現に向け、ICTをフル活用』

藤木 晃史

2015年入社
社会学部 社会学科
管理本部 ICTソリューション部

ICTの有効活用で社員の働きやすさを追求

image

私が所属するICTソリューション部は、より効率よく、快適に作業や仕事ができるような仕組みを企画・提案する部署です。主にシステムやツールを用いて社員の働きやすさをどのように向上させるかを日々考えています。社外のシステム制作会社と打合せを重ねながら導入を進めていきます。
ICTの推進を課題に掲げる当社では、特にICT環境を整えるための提案が求められています。昨年実施した社員全員へのタブレットの配布はその一例です。各部署におけるタブレットの活用はもちろん、クラウドを活用したワークスタイルの変革、テレワークなどの多様な働き方に対応するICTの活用についても、働き方改革が叫ばれる昨今、よりいっそう力を入れていかなければならないと考えています。
社内からダイレクトに反応を頂けることがこの仕事の醍醐味ですね。「あのツール、便利で助かっているよ。ありがとう。」。そんなふうに直接声を掛けられることもあります。そういった声が私のモチベーションとなっています。

今に活きる研修時代の人とのつながり

image

当社の研修制度の一環で、事務系社員も1年半の現場での研修があります。当社の根幹である「現場」での経験は、会社の最前線を知り、様々な人と出会えたという点で、今振り返ると非常に大きかったと思います。右も左もわからない中で現場の戦力になれるかどうか不安でしたが、頼れる先輩の現場代理人からの指導やフォローのおかげで様々なことを実践的に学ぶことが出来ました。
研修では本配属される前にいろいろな人に出会えるのもメリットです。研修時代の人とのつながりが今の業務に活きていると強く実感しています。
今後は会社の勤怠システムの見直しや、社内ポータルの刷新などを進めていきたいです。社員の負担を軽減し、社員間のコミュニケーションをより円滑にするようなシステムの開発が目標です。仲間からの期待も感じますし、その分いい意味でのプレッシャーもあります。

就職活動をしている皆様へ

学生の皆さんには、広い視野で就活することをおすすめします。OBがいれば積極的に訪問し、採用担当者には、関係ないと思えることでもなんでもいいので、聞きたいことがあればどんどん聞いてみましょう。出会いは自分でつかむもの。会社との出会いも同じです。

ページの先頭へ