主なカテゴリ
  • ビジョン
  • 会社情報
  • 株主・投資家情報
  • CSR情報
  • コーポレートガバナンス情報
  • 日比谷の技術
  • リクルート

関 祐 一 郎

image

『 会社の雰囲気と自分のやりたいことが一致して
仕事に取り組んでいます。 』

関 祐 一 郎

2012年入社
理工学部 建築学科
現場代理人

現在の仕事内容

私の仕事は、建築設備の工事現場の施工管理です。
施工管理といっても、大きくいって施工してもらうための段取り屋です。
設計図から施工図へ落とし込む作業からメーカーへ資材を発注したり、機器の試運転調整をしたりと多岐にわたります。
そして自分が思っているほど工事現場は、そんなに簡単に進むものではありません。
だからカッコよく言っても、工事現場内でその名の通り体を張って作業することもあります。
他分野で活躍する機会があるがゆえに、こういう人が向いてる向いてないというのはないというのが本当のところだと感じています。
球技がチームで連携して点を取るのが楽しかったりするのと同じで、工事現場もチーム戦ですからお互いに協力し合って段取りがうまくいったときが一番喜びを感じます。

仕事のやりがい

施工図・要領書通りに職人さんに施工してもらってうまく収められた時が一番喜びを感じます。
現場のルールを決めるのが仕事ですから、要領書を書いたり、施工図を描いたりと自分が現場内の決め事にどれだけ関われるかで知識を吸収する力が変わってきます。そこを意識して仕事をこなすことがやりがいを感じることに繋がっていく一番の近道だと考えています。
また、新しい工法や今まで使われたことのない新商品を使うことができるのも現場の醍醐味であり特権です。ある物件で建築で使用する部材を設備配管工事に取り込むことで工期短縮・コストダウンに繋がった例があります。メーカーを紹介してもらい、そこから設備用に部材を加工してもらうように話をしました。ぱっとひらめいたことを短期間で実現できるのは、他の仕事ではなかなかないと思います。

この会社に決めた理由

特段、建築設備の施工管理に興味があったわけではありません。大学での研究室配属が設備系であったこと、建築系全般で興味があったことなどを兼ね合わせて就職活動をしていました。モノを作る仕事という観点から建設業だけでなく、メーカー等も何社か面接を受けました。
私は、周りの友人よりも比較的遅い時期に当社から内定を戴きました。
就職活動はあまりうまくいっているとはいえず、萎縮する毎日でした。
そんな中、当社を知ったのは同じ研究室のOBの紹介でした。
そして苦戦している私に機会を与えてくれました。その面接の中でこう言われました。
「しっかりした考えを持っている。もっと自信を持ちなさい。」
実際にはもっと違う言い方をしていましたが、面接中に褒められたのは初めてで、私の背中を押すには十分すぎる言葉でした。

先輩からの就職活動アドバイス

仕事はやってみないことにはわからないことだらけで就職活動も内気になることが多々あるかと思います。
勉強とは違ってやればやるだけ跳ね返ってくるものとは少し違う気がするし、学生時代で大切なことはもっと他にもたくさんあります。
だから、よりクリティカルに攻めるために自分のやりたいことはなるべく早く固めておくべきです。
自分のことをよく知るいい機会ですので、くじけずに頑張ってください!

ページの先頭へ