主なカテゴリ
  • ビジョン
  • 会社情報
  • 株主・投資家情報
  • CSR情報
  • コーポレートガバナンス情報
  • 日比谷の技術
  • リクルート

施工技術

日比谷総合設備が保有する安全・安心の施工技術。


日比谷総合設備の施工技術に対する考え方について紹介いたします。
日比谷総合設備の創業から現在に至るまでの歴史とその時代にあった
主な技術成果についてご紹介します。


施工前~施工中~施工後。絶対の自信を持つ、日比谷総合設備の施工品
質確保の仕組みをご紹介します。


>日比谷総合設備の持つ特許・意匠についてご紹介します。


主な施工技術のご紹介

>電子機器室内における建築・設備の改修工事を行う際、
建設工具・電力供給ケーブル等から発生する電磁波を
遮へいし、電子機器をより安全に保つことができます。


立て配管ユニット:工場で加工・組立てを行いユニット
化し、鉄骨建方時に現場へ搬入、クレーンを用い先行し
て取り付ける工法。
ポンプ周りの配管ユニット:配管をユニット化し工場で
ポンプユニットの組み立てを行って、現場に搬入、その
まま据え付ける工法。


通常の冷媒配管接続のろう付けとは異なり、バーナーを
使用しない接続方法。


現地調査の省力化を実現。
既存の現況図をベースとした高品質の施工図面を作成します。

ページの先頭へ