主なカテゴリ
  • ビジョン
  • 会社情報
  • 株主・投資家情報
  • CSR情報
  • コーポレートガバナンス情報
  • 日比谷の技術
  • リクルート

エアフローウィンドウシステム

エアフローウィンドウシステム

 二枚のガラスとその間にブラインドを内蔵した構造で、下部にあるスリットから室内空気を取り入れ、二枚のガラスを通過して上部から排気する窓システムです。

エアフローウィンドウシステム

エアフローウィンドウシステム

夏期には日射熱を排気できるので冷房負荷が低減でき、また、冬期には窓面の冷えを防ぐことができます。ブラインドを自動制御することで、直射日光の侵入を最小限にし、さらに光環境・視環境に対しても良好な環境が得られます。

エアフローウィンドウシステムの主な特徴

日比谷のエアフローウィンドウシステム

 日比谷では、環境実験室において数々の条件で実測を行い性能を評価してきました。このシステムを導入するメリットは以下の通りです。

省エネルギー
夏期の日射遮蔽効果、冬期の断熱効果により省エネ ルギー効果が得られます。外皮負荷が小さくなるこ とからペリメータレスの実現が可能となります。
リニューアル対応
リニューアルに対応できるよう既存の窓に自動制御ブランドと内窓ガラスを取り付けてシステムを構築できる構造になっています。
省力化
ペリメータ用の空調機が上要となるため工事の 省力化や工期短縮が可能となります。 

窓種類

サーモカメラによる熱画像比較

従来の二重窓
従来の二重窓

エアフローウィンドウ
エアフローウィンドウ

ページの先頭へ