主なカテゴリ
  • ビジョン
  • 会社情報
  • 株主・投資家情報
  • CSR情報
  • コーポレートガバナンス情報
  • 日比谷の技術
  • リクルート

配管ユニット工法

配管ユニット工法とは

※ 立て配管ユニットの場合

配管を工場で加工・組立てを行いユニット化し、鉄骨建方時に現場へ搬入し、クレーンを用いて先行して取り付ける工法です。

立て配管ユニットの例

※ポンプ周りの配管ユニットの場合

ポンプ周りの配管をユニット化し、工場でポンプユニットの組み立てをおこなって、現場に搬入し、そのまま据え付ける工法です。

ポンプ周りの配管ユニット

施工性

工場加工の為、現場作業を簡略化でき、工程の円滑化が図れます。

信頼性

工場で加工・組立てを行う為、精度・品質の向上が図れます。

環境対策

ユニット化により、現場での端材の発生が削減されます。

ページの先頭へ