主なカテゴリ
  • ビジョン
  • 会社情報
  • 株主・投資家情報
  • CSR情報
  • コーポレートガバナンス情報
  • 日比谷の技術
  • リクルート

統合接地システム

統合接地システムとは

従来の接地は用途・機能別の個別接地システムが多く採用されていましたが、極間の電圧差による干渉から電子情報通信機器に障害を発生させる問題があります。 統合接地システムは保安用、機能用、雷保護用接地を統合して、建物内のユーザが目的に合わせていつでも、どこからでも容易に接続できるシステムです。

必要性

近年、高度ネットワーク化及び高度情報通信システムの導入が急速に増加しており、これら機器に対する高信頼性の確保が求められています、その手段の一つとして統合接地システム技術の導入が進んでいます。

優位性

信頼性
基準電位の確保により従来の障害を取り除くことが出来ます。接地系統が単純化し、保守管理が容易になります。
利便性
レイアウト変更にもフレキシブルに対応できます。
プレワイヤリング(先行配線)システムを採用することで利便性はさらに向上します。

統合接地システム

統合接地システム

ページの先頭へ