主なカテゴリ
  • ビジョン
  • 会社情報
  • 株主・投資家情報
  • CSR情報
  • コーポレートガバナンス情報
  • 日比谷の技術
  • リクルート

バイオマスエネルギー

バイオマスエネルギーとは

 これまで廃棄物として処理していた有機物をエネルギー源として利用する技術です。林業、農業から出る植物の廃棄物、畜産から出る糞尿によるメタンガス、廃天ぷら油や建築廃材等、生物資源由来の廃棄物等がバイオマスにあたります。 化石燃料とは異なり、地球上ほとんどの地域で生産が可能であり、半永久的に枯渇せず、大気汚染物質の発生量が少なく、温暖化の原因※とならないことがメリットです。ただし、持続的な管理が必要であり、現時点ではコストが高いことやエネルギーレベルが低いことが難点と言えます。ゴミ問題解決手段の一つともなり得るため、今後の技術開発や環境整備により発展が期待できる技術です。 ※植物は成長時に体内に大気中の炭素を取り入れるため、大気とバイオマスの間で炭素が循環していると考えることができる。

バイオマスエネルギー

固形燃料ボイラ導入例

固形燃料ボイラ導入例

導入効果

導入効果

ページの先頭へ