主なカテゴリ
  • ビジョン
  • 会社情報
  • 株主・投資家情報
  • CSR情報
  • コーポレートガバナンス情報
  • 日比谷の技術
  • リクルート

Smart-Save

Smart-Saveとは

デマンドコントローラーと既存設備を、I/F装置を介した相互通信接続によって、きめ細かに省エネ制御するためのDR対応マルチプロトコル負荷制御ユニットです。 1台のユニットで「BACnet」、「Modbus」、「LonWorks」の3つのプロトコルに対応しており、各社ビルマルインターフェースとの接続によるグループ節電制御や、照明・各種電熱機器のデマンド負荷制御やスケジュール制御など、既存設備機器の節電制御の幅が広がります。

構成概略と基本構成

構成概略

基本構成

各種機能

ポイント登録機能

Smart-Saveは、任意の外部インターフェース(LonWorks/BACnet/Modbus)の、任意のポイントタイプ(Snalog、Binary、MultiStateなど)を選択し、最大1024ポイントまで登録することができます。

カレンダー機能

Smart-Saveはスケジュール制御に利用するカレンダーとして、年間カレンダーを持っています。向こう1年間分の祝日を指定することができるほか、創立記念日などの特別日の設定も可能です。

スケジュール制御機能

Smart-Saveは週間タイマーとして週間スケジュール情報とカレンダーの情報を基に実行スケジュールを生成し、登録ポイントを個別にスケジュール制御することが可能です。

スケジュール制御機能

デマンド負荷制御機能

Smart-Saveはデマンドコントローラーからのデマンドレベル(4段階)の信号をトリガーに、負荷制御側(最大64グループ)に対して予め設定した制御方式で適正な省エネ制御を実行します。

制御方式:AO補正出力制御(空調制御例)

・室内機温度設定シフト制御
ビルマルインターフェース接続時に使用可能な制御です。デマンドコントローラーからのデマンドレベル信号(Kn)を受けた際に、室内温度設定をシフトすることによって、冷暖房電力負荷を軽減させる制御です。

制御方式:AO補正出力制御(空調・照明制御例)

ビルマルインターフェース接続時に使用可能な制御です。デマンドコントローラーからのデマンドレベル信号(Kn)を受けた際に、電力負荷をアナログ出力によって抑制します。
●室外機能力制御:圧縮能力100%運転→n%運転
●照明調光制御:調光度100%→調光度n%

制御方式:BO・MO制御(空調・照明制御例)

デマンドコントローラーからのデマンドレベル信号(Kn)を受けた際に、BO出力またはMO出力で運転状態を変更することによって電力負荷を抑制します。
●室内機運転モード変更制御:冷房モード→送風モード、暖房モード、送風モード
●室内機停止制御:送風機運転→送風機停止
●照明の間引き消灯制御:点灯→省エネ消灯

製品仕様

製品仕様

製品仕様

製品仕様

ページの先頭へ