主なカテゴリ
  • ビジョン
  • 会社情報
  • 株主・投資家情報
  • CSR情報
  • コーポレートガバナンス情報
  • 日比谷の技術
  • リクルート

天然ガス コージェネレーションシステム

天然ガス コージェネレーションシステムとは

 温泉井戸から副産物として得られる可燃性の天然ガスは多くの場合、主成分がメタンガスであり、十分に燃料として使用可能なものです。

 通常、大気放散されてしまう事の多いメタンガスを燃料として安全に有効利用し、発電と給湯を行うシステムです。

システム概要

 汲み上げられた温泉水から天然ガスを分離し、ガスエンジンで使用可能な状態に精製・貯留します。発電機から得られる電気は商用電源に接続され、買電量の削減に貢献します。発電の際に回収された排熱は給湯に用いられ、既設ボイラーで消費される燃料の削減に貢献します。

システム概要

メリット

  • 温室効果ガス排出量削減:メタンガスの大気放散をなくすことにより、大きな削減効果が得られます。
  • ランニングコスト削減:メタンガスを燃料として利用することにより、光熱費の削減が図れます。
  • 安全性向上:温泉法よりも安全レベルの高い鉱山保安法で管理することで、安全性が向上します。

導入効果

メタンガスが燃焼すると水とCO2になり、地球温暖化に与える影響は大幅に軽減されます。さらに、燃料として有効利用したことで、施設全体から排出される温室効果が大幅に削減されるとともに、ランニングコストも削減されます。

システム概要

ページの先頭へ