主なカテゴリ
  • ビジョン
  • 会社情報
  • 株主・投資家情報
  • CSR情報
  • コーポレートガバナンス情報
  • 日比谷の技術
  • リクルート

社長挨拶

president

 平素より、日比谷総合設備グループをお引き立ていただきまして、誠にありがとうございます。

 弊社は創業以来、情報通信事業で培った安全と高い品質の技術力で、「総合エンジニアリングサービス企業」として、空気調和・給排水衛生・電気・情報通信における設備事業を展開してまいりました。「建物に“命”を吹き込み、快適な環境を創造することが設備事業の使命である」と考えております。

 さて、弊社グループでは、2017年度よりスタートした「第6次中期経営計画」において、「LC(建物ライフサイクル)トータルソリューションの高度化」と「人財とICTへの投資による働き方改革」を基本戦略として掲げ、受注拡大や、ICT化による現場作業の効率化などに向けた環境整備に取り組んでまいりました。また、働き方改革WGグループの取り組みや、女性活躍推進に関する行動計画を遂行(「えるぼし(2つ星)」取得)するなど、働き方改革も着実に推進してまいりました。

 現在、わが国経済を取り巻く環境は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い不透明感が増しつつあります。こうした環境ではありますが、上場企業としてコンプライアンスを更に徹底するとともに、これまでの改革を推進し、「皆様から必要として頂ける」そして「社員にとって働き甲斐のある」魅力的な会社として、長期的かつ安定的に発展できるよう努めてまいる所存です。

 皆様方におかれましては、引き続き当社へのご理解とご支援を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

president

ページの先頭へ