主なカテゴリ
  • ビジョン
  • 会社情報
  • 株主・投資家情報
  • CSR情報
  • コーポレートガバナンス情報
  • 日比谷の技術
  • リクルート

社長挨拶

president

平素より、日比谷総合設備グループをお引き立ていただき、誠にありがとうございます。
お陰さまをもちまして、当社グループは2016年度に創業50周年を迎えました。創業以来、「総合エンジニアリング企業」として、高い技術力で、空気調和・給排水衛生・電気・情報技術などの設備事業を展開してまいりました。建物に“命”を吹き込み、快適な環境を創造することが設備事業の役割であると考えております。

さて、当社グループでは、2017年度より第6次中期経営計画をスタート致しました。第5次中期経営計画で一定の成果をあげたLCトータルソリューション営業の推進および競争力のある原価構築を中心とする諸施策による企業体質変革を継続するとともに、社会経済動向とステークホルダーからの要請のバランスをとりつつ収益性を維持することを基本的な考え方と位置づけました。施工後のアフターフォロー体制を強化し、グループの施工経験を活かして「建物ライフサイクル(LC)トータルソリューション」の高度化に努めること、ICTの徹底活用と将来にわたる事業の担い手の確保のための人財への積極的な投資を行うことを基本戦略として経営の舵取りを行ってまいります。

今後とも当社グループの技術を活かした施工省力化と品質向上、あわせて、コンプライアンスの徹底、ICT化促進による業務効率化等による経営基盤の強化を図り、「総合エンジニアリングサービス企業」としての長期的かつ安定的な事業の継続と発展を目指してまいります。。

皆様方におかれましては、引き続き当社グループへのご理解とご支援を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

代表取締役社長

president

ページの先頭へ