建物設備の物理面と性能面の劣化度を総合的に調査・診断

専門技術者による設備機器や設備システムの調査を実施し、問題点・不具合点を明確にします。調査結果を基に省エネ・経済性・快適性・信頼性(劣化診断)の各方向からお客様のニーズに合わせて設備診断を行います。調査・診断結果を基にお客様に寄り添った修繕計画を提案させて頂きます。

空調・衛生・電気・情報通信・建築工事含めた総合的な調査・診断一元化を実現

LC診断の3つのポイント

  • 事業計画策定(施設整備・更新計画など)
  • 設備の現状把握(老朽度・劣化度の判定)
  • 投資の優先順位(緊急性・優先更改の順位づけ)

 

LC診断の流れ

  • 現状の機器の状態を把握したうえで,設備診断報告書と注記整備提案書を作成します。

*LC…ライフサイクル

 

LC診断報告書(サンプル)・中長期整備計画(サンプル)

報告書と提案書のサンプル

  • 専門技術者が多面的な視点でLC診断報告書及び中期整備提案書を作成します。
【LC診断報告書(サンプル)】
拡大
【LC診断報告書(サンプル)】
【中長期整備提案書(サンプル)】
拡大
【中長期整備提案書(サンプル)】