環境マネジメント

事業活動を通じた「地球環境保全」と「地域社会との調和・共存」を目指し、
グループ会社と一体でISO14001を軸にした積極的な環境活動を進めています。
また、環境活動に関する情報を積極的に開示し、社会の皆様にご理解いただけるよう努めています。

環境マネジメントシステムの運用

2009年9月の全社の統合認証取得以降もISO14001を柱に環境活動を進め、環境方針「お客様の省エネルギー推進、CO_{2}削減のニーズへの最適なソリューションの提供と、環境技術の研究開発を通じた低炭素社会実現への貢献」に基づき、お客様の省エネ、CO_{2}削減に向けてLCトータルソリューション提案活動を積極的に展開し、本業を通じた環境課題の解決を目指しています。

環境保全活動の目標と実績

生産活動、オフィス等の活動、地域活動において、概ね目標を達成いたしました。
 

一方「コピー用紙の使用量」については、ICTツールを積極的に活用したことで前年度より低減できたものの、残念ながら目標未達となりました。

▶2019年度環境目標と実績/2020年度環境目標一覧

区分 活動項目 2019年度環境目標 目標値(年) 実績値(年) 2020年度
環境目標
目標値(年)
生産活動 お客様に対する
省エネルギー
対策の提案
全現場を対象とした、お客様
への省エネルギー提案およ
び施工段階における環境活
動の実施[施工]
100% 100% 継続 100%
産業廃棄物処理
委託先の
管理徹底
委託先の収集運搬会社、中
間、最終処分場の現地確認お
よび記録
28ヶ所 29ヶ所 継続 28ヶ所
産業廃棄物処理委託先への
環境関連認証取得の要請
100% 100% 継続 100%
環境関連認証取得会社の優
先採用
100% 100% 継続 100%
産業廃棄物等の
適正処理
産業廃棄物委託契約の締結
マニフェスト回収確認の実施
100% 100% 継続 100%
フロンガスの適正処理の推進 100% 100% 継続 100%
特別管理産業
廃棄物の適正
処理
石綿(アスベスト)の適正処理
の推進
100% 100% 継続 100%
オフィス
等活動
オフィス等の
環境活動の
推進
電力使用量の低減 2010年度比
-36%
2010年度比
-38.3%
継続 2010年度比
-36%
コピー用紙使用量の低減 2013年度比
-37%
2013年度比
-35.4%
継続 2013年度比
-35%
エコ推進担当者会議の開催 32回 55回 継続 32回
地域活動 地域環境活動の
推進
地域環境活動への参加 34件 35件 継続 35件

事業活動における取り組み

お客様への省エネルギー提案や、廃棄物の適正処理など事業活動においても環境に配慮し、
地球環境の保全につながる取り組みを進めています。

設計・工事における環境配慮

省エネルギー提案の取り組み

日比谷総合設備では現代社会が支える問題(省エネ・地球温暖化)を考慮し、お客様の省エネ・CO_{2}削減に向けた積極的な提案を実施しています。
 
近年では他社とアライアンスを組み、県下全域の県有施設に対し照明のLED化や自治体施設への防災・省CO_{2}を兼ねた自立・分散型エネルギー設備の導入なども手掛けています。
 
今後も既存業務だけでなく、地球環境保護を視野に入れ、お客様のニーズを汲み取り、省エネルギー提案に努めてまいります。

特別管理産業廃棄物管理責任者の育成

石綿などの特別管理産業廃棄物の適正処理を推進するため、2011年度より新入社員教育のカリキュラムに資格取得項目を追加し、管理責任者教育育成強化に努めています。累計取得者は446名です。

産業廃棄物処理業者管理と適正処理

現行の「廃棄物処理法」は、当該建設工事を注文者から直接請け負った元請業者を排出事業者とすると規定し、元請責任が明文化されています。


このため日比谷総合設備では、廃棄物処理業者のなかでも優良業者(環境マネジメントシステム認証取得会社等)の採用を全店の目標に掲げて実施。また、マニフェスト管理を従来通り徹底し、処理業者(収集運搬・中間処分・最終処分)施設の現地確認も全国で継続的に実施しています。

廃棄空調用冷媒ガス(フロンガス)の適正処理・再生化

廃棄フロンガスについては、フロン回収行程管理表に基づき適正処理を実施していますが、2010年度より、取引先と協力し純度の高いものについて再生処理の流れをつくりました。

▶フロンガス回収量

実施年度 回収量
2017年度 27,223kg
2018年度 35,795kg
2019年度 15,558kg

石綿(アスベスト)の適正処理

建築物に使用されている石綿は人体に及ぼす影響が大きいため、石綿を使用した建築物の改修工事では、飛散防止の処置が求められています。
 

日比谷総合設備では、施工をすべて専門業者に発注して安全を確保しつつ、環境保全に対する取り組みも強化しています。

将来保有すべき技術の特定とその開発

日比谷総合設備が将来にわたって事業を継続し、社会に貢献していくために保有すべき技術と経営計画・市場動向を踏まえた技術戦略は、基本的には中期経営計画に沿って策定していますが、変化の速い時代の流れに敏感に対応してまいります。

「ZEBプランナー」として

日比谷総合設備は、低炭素社会の実現に向けた国のエネルギー政策等を踏まえ、一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)を事務局として発足した「ZEBプランナー」登録制度に申請し、2018年2月23日に登録されました。
 

現在、省CO_{2}事業の実績を生かし、公共建物のZEB化(※ZEB Ready)を目指した案件に取り組んでいます。自治体の本庁舎を対象としたZEB化改修工事を企業が担うのは全国初となります。

※ZEB Ready・・・エネルギー消費量を50%以上削減した建築物

オフィスにおける取り組み

日比谷総合設備では、地球環境保全の一環としてオフィス内におけるエコ活動に取り組んでいます。

オフィスにおける省エネ活動状況

日比谷総合設備では、全社のエネルギー量の「見える化」を行い、全社の省エネ活動状況を把握し、推進しています。
2019年度の全体使用エネルギー量は、原油換算で248KIでした。

社有車におけるCO2排出削減状況

日比谷総合設備では、全社有車のハイブリット化を目指しております。
 

工事用車両などの更改時にハイブリット車の購入を推進し、社有車使用による環境への影響の低減を図っています。
 

2019年度の全社の給油量は約56,000L、CO_{2}排出量は131tでした。

▶過去3年間のCO_{2}排出量、HV化率の年度別推移

CO_{2}排出量(t)

HV化率

2019年度

131

88%

2018年度

144

81%

2017年度

188

66%

「木になる紙」の購入・使用による環境貢献

日比谷総合設備では、コピー用紙の使用量削減とともに、2010年より間伐材を使用したコピー用紙「木になる紙」の全社購入量は約470万枚(A4サイズ換算)となり、約3.7haに相当する森林の間伐促進と約1,900kgのカーボンオフセットに貢献しました。

木になる紙
拡大
木になる紙