快適な室内環境を実現しながらエネルギー消費量ゼロの実現

近年、地球温暖化は大きな問題となっており、政府では2030年には「排出削減目標を45%」、2050年に「温室効果ガス排出量ゼロ」を目指しています。
 

建築からの排出量削減のために省エネルギー設備の導入が図ら、さらに建物のZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)化が推進されています。
 

当社はこれまでの知見を用いてお客様の建物のZEB化をお手伝いします。

省エネルギー・一次エネルギー消費量ゼロを目指して

ZEBは、機械設備(空調・換気・給湯)・電気設備(照明)に加えて、建築工事(外断熱・窓ガラス)も考慮し、建築物を総合的に省エネルギー化を図ることで一次エネルギー消費量ゼロを目指す指標の一つです。省エネルギー設備に加えて、太陽光発電や水力発電等の創エネルギー設備の導入も検討します。
 

ZEBの推進には、様々な設備を総合的に検討する必要があり、ZEBプランナーによる検討が必須となります。当社もZEBプランナーとしてZEBの実現をお手伝いします。
 

当社では、特に改修によるZEBを推進しています。

改修によるZEB案件事例
拡大
改修によるZEB案件事例
ZEBプランナー登録証
拡大
ZEBプランナー登録証