様々な技術を活用して省エネルギーの実現

様々な省エネルギー技術を活用してランニングコストを低減を図ります。また、バルクリースや補助金を活用してイニシャルコストを低減して施設全体の省エネルギー・省コストを支援します。

バルクリースによる省エネルギー設備の導入

多数施設をまとめて施工することによりイニシャルコストの低減を図ります。
 

リースを活用することで初期投資を抑えて費用を平準化するため、早期の設備導入が可能となり省エネルギー・省CO_{2}を図ることができます。
 

使用電力を抑えることで、電気従量料金に加えて基本料金を削減し、ランニングコストを低減します。
 

*バルクリース…複数施設を取りまとめて一括で設備更新することで導入費用を低減する手法

 

バルクリース
拡大
バルクリース
リース活用
拡大
リース活用

補助金を活用した省エネルギー設備の導入

補助金を活用した省エネルギー設備や再エネルギー設備の導入を支援します。
 

例えば、避難所として指定された施設では、環境省補助金「地域レジリエンス・脱炭素化を同時実現する避難施設等へ自立・分散型エネルギー設備等導入推進事業」による、再生可能エネルギーである太陽光を活用した設備の導入が可能となります。

 

補助金例
拡大
補助金例